第16回 MACSコロキウム

生物化学物理を支配する非平衡量子統計力学 谷村 吉隆(理学研究科・教授)

講演1
「生物化学物理を支配する非平衡量子統計力学」

谷村 吉隆 博士
京都大学大学院 理学研究科 量子化学研究室 教授

森羅万象を記述する物理学的運動方程式は時間反転性を持つにもかかわらず、我々の身の回りに生じる生物・化学現象は時間不可逆的に発展する。この過程は、物理的にはミクロな量子系と、溶媒やタンパク質に代表されるマクロな系との相互作用により起因している。これら非平衡現象の基礎を数学的な観点を入れて、幾つかの量子熱力学や生物化学物理現象を例に解説する。

講演2
「量子アニーリングを用いた量子系のシミュレーション」

西森 秀稔 博士
東京工業大学 科学技術創成研究院 量子コンピューティング研究ユニット 特任教授

量子コンピュータを使うということは、チップの内部で量子力学の原理に従った現象を起こすということであり、量子力学の理論の検証を行う実験装置(量子シミュレータ)としての利用の道が開かれる。本講演では、量子アニーリングの初歩的な解説から始めて、量子アニーリング装置を量子シミュレータとして使った「実験」の研究成果を解説する。

講義詳細

年度
2021年度
開催日
2021年7月05日
開講部局名
理学研究科
使用言語
日本語
教員/講師名
谷村 吉隆(理学研究科・教授)
西森 秀稔(東京工業大学 科学技術創成研究院・特任教授)

タグ

#機械学習 #物理現象装置 #量子デバイス #状態の重ね合わせ #超伝導回路 #磁束量子ビット #非対角要素 #電流 #確率 #ジョセフソン接合 #数学表現 #相互作用 #制御 #ハミルトニアン #組み合わせ最適化問題 #離散変数 #基底状態 #平衡状態 #動的 #Kosterlitz-Thouless転移 #渦 #反渦 #イジング模型 #べき減衰 #Shastry-Sutherland模型 #フラストレート #相図 #プラトー #Kibble-Zurek機構 #非平衡相転移 #D-Wave #量子シミュレータ #古典モデル #臨界現象 #緩和時間 #1次元横磁場イジング模型 #キンク #環境との相互作用 #ガウス #キュミュラント #開放系 #量子モンテカルロ法 #孤立系 #人工量子デバイス #"シュレディンガー方程式 #波動関数 #密度演算子行列 #確率分布 #量子干渉性 #物質波 #連成振動子 #調和振動子熱浴 #縮約化 #時間不可逆性 #揺動 #散逸 #マルコフ近似 #量子ゆらぎ #量子散逸系 #光合成アンテナ #FMO系 #色素 #熱浴スペクトル分布 #階層方程式 #HEOM #熱力学第2法則 #エントロピー #熱力学的状態量 #ヘルムホルツエネルギー #熱機関 #平衡系 #非平衡量子統計熱力学 #量子熱力学系 #熱浴相互作用 #フォン・ノイマンエントロピー #擬定常自由エネルギー #熱力学変数 #ボルツマンエントロピー #ミクロカノニカル系 #摂動領域 #量子ジャロジンスキー公式 #仕事特性関数 #熱浴
PAGE TOP