コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 図書館機構 平成29年度 京都大学図書館機構講演会「デジタルアーカイブの新たな展開と可能性-IIIFの動向と活用例から考える-」

11 - 平成29年度 京都大学図書館機構講演会「デジタルアーカイブの新たな展開と可能性-IIIFの動向と活用例から考える-」, 2017

Course Image

平成29年度 京都大学図書館機構講演会「デジタルアーカイブの新たな展開と可能性 -IIIFの動向と活用例から考える-」

日時:2017年10月18日 (水)
会場:京都大学附属図書館3階ライブラリホール
主催:京都大学図書館機構
共催:国立大学図書館協会近畿地区協会
後援:デジタルアーカイブ学会、大学図書館近畿イニシアティブ、国立大学図書館協会学術資料整備委員会

ウェブページ

講演映像

概要

近年、貴重資料等の高解像度な画像データを、国際的な標準として浸透しているIIIF(International Image Interoperability Framework)を利用して公開する機関が増加している。京都大学図書館機構もオープンアクセス推進事業の一環として、IIIF コンソーシアムに参加するとともに、従来進めてきた貴重資料電子化成果のIIIF対応による公開を進めている。

こうした中、本講演会ではIIIFコンソーシアムの活動およびIIIFの概要、デジタル画像の共有による研究事例、IIIFの実装例の報告により、デジタルアーカイブを巡る最新の状況を俯瞰する。また、これにより今後の大学図書館におけるデジタル画像の情報発信、研究における活用の可能性、およびデジタルアーカイブの推進の契機としたい。