コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス(2019年度) 経済学部 2回生演習 6282237 2回生演習

6282237 2回生演習

ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
シラバスID eco_4695
開講年度・開講期 後期
授業形態 演習
対象回生 2回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 溝端 佐登史(経済研究所)
授業の概要・目的 新興市場の国際比較 
 世界経済危機のなかで新興市場はその存在を高めている。新興市場は経済システム研究においてどのように評価されるのか、さらに世界経済のけん引力になりうるのかを検討することにより、国際経済の現状を考察する。後期は主に、国際経済関係、経済統合と新興市場における市場の質との相関に光を当てて、実証的に検討する。
到達目標 他大学との研究交流会を組織し、インゼミ報告など、まとまった研究報告を行うこと、また卒業論文の作成の基礎となる素材と方法を習得すること。
授業計画と内容 共通で輪読する文献を選択したうえで、各自の分担で、文献の報告と討論を行う。 
 最初に、「新興市場経済」に関する最近の国際経済関係、経済統合およびその市場構造にかかわる理論・実証動向についての解説を行ったうえで、適切な文献を共同で検討する。大きくは次の論題を扱う。
1. 新興市場と世界経済・世界経済危機
2. 新興市場と経済統合
3. 新興市場における市場の質
4. 新興市場経済の国際比較

 インターゼミの準備を中心にして、授業を編成する。 外国人を含め、専門的なセミナーを適時開催する予定である。また、神戸大学、大阪大学などとのインターゼミを予定している。
成績評価の方法・観点及び達成度 研究報告および出席状況により評価する。。
履修要件 グループでの議論と積極的なゼミ運営への参加を望む。
授業外学習(予習・復習)等 事前の報告準備は必ず行うこと。外部専門家、外国人によるセミナーを適時開催する。
教科書
  • ロシアにおける近代化・エネルギー・環境, 溝端佐登史編著, (文理閣),
  • 曖昧な制度としての中国型資本主義, 加藤弘之, (NTT出版),
参考書等
  • 随時指定する。