コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学研究科 数学・数理解析専攻 幾何学特論B

幾何学特論B

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-SCI11 90272 LJ55
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
教員
  • 藤原 耕二(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 双曲幾何、幾何学的群論の導入的な内容を扱う。この分野は研究が活発に行われているので、そこにつながるようにしたい。
到達目標 双曲幾何、有限生成群、ツリーの幾何などの基礎を身につける。
そのうえで、群の指数増大度、projection complex、漸近次元などを理解する。
授業計画と内容 次の項目について2-4週扱う。 合計15回(フィードバックを含む)行う。
1.双曲平面
2.ケイレイグラフと双曲群
3.ツリーの幾何
4.トピックス(群の指数増大、漸近次元、projection complexなど)
履修要件 集合と位相、幾何学入門
授業外学習(予習・復習)等 授業中に出された課題を解く