コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学研究科 数学・数理解析専攻 数学特別講義(位相幾何学)

数学特別講義(位相幾何学)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-SCI11 90152 LJ55
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 1 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 野坂 武史(非常勤講師)
授業の概要・目的 ☆位相幾何学☆                                                                     本集中講義の前半では群のコホモロジー理論について、後半にはカンドルのコホモロジー理論について学ぶ.目的は群のコホモロジー論の技術や応用を学び、その関連としてカンドル理論の概要を学ぶ事である.
到達目標 群コホモロジーの理論を習熟し、応用としてカンドルのホモロジーについて理解する。
授業計画と内容 以下のように講義する予定であるが、各授業回数は若干変更になる可能性がある。

・ 群コホモロジーの基礎(2.5回)
・ 相対群コホモロジー(1回)
・ カンドルのホモロジーとの関係(1.5回)
履修要件 群論,位相空間、胞体ホモロジー論、ホモロジー代数など位相幾何学の基礎を学習していることが望ましい
授業外学習(予習・復習)等 予習は特に必要なく,授業の復習が重要である.
参考書等
  • Cohomology of groups, K. S. Brown, (Springer-Verlag),
  • Quandle theory, -- Relative topology, knots, and cohomology---, T. Nosaka, (Springer--brief),