免疫学実習

Numbering Code U-MED29 38032 PJ88 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 1 Course Type Practical training
Target Year 2nd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name TOKUNO OSAMU (Graduate School of Medicine Associate Professor)
SHINBA AKIHIRO (Graduate School of Medicine Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course 「免疫学I」で学んでいる免疫検査学に必要な基礎的技術の修得と基礎理論の理解を目標とする。免疫学の進歩によって開発された技術の一部を体験することにより、免疫が持つ特異的な反応原理を理解する。
Course Goals テーマと目的
酵素免疫測定法、リウマトイド因子・抗核抗体検査、風疹抗体検査、末梢血リンパ球表面抗原解析、輸血検査を実習で学ぶことで、免疫反応がどのように検査や研究に応用されているかの理解を深める。
人間健康科学科ディプロマ・ポリシー第3項「幅広い知識と高度な技能を習得し、理論と実践を有機的に結びつけられる能力を養い、医学・医療に関する優れた思考力・判断力をもって自ら積極的に学ぶ」ことを目標とする。
Schedule and Contents 実習場所はすべて1F実習室である。木曜日の3限~5限に行う。
基本的には以下の内容で実習を進める予定であるが、新型コロナウイルス感染症の影響により、日程や内容は流動的であることに留意されたい。

11月 4日 免疫検査法に関する基礎講義、酵素免疫測定法(EIA・ELISA)              
11月11日 リウマトイド因子(RF)・抗核抗体(ANA)検査
11月18日 赤血球凝集抑制(HI)法による風疹抗体検査                   
11月25日 輸血および造血幹細胞移植に関する講義、フローサイトメトリーによる末梢血リンパ球解析
12月 2日 輸血検査(ABOおよびRh血液型判定、不規則抗体検査、交差適合試験)
12月 9日 輸血検査(直接抗グロブリン試験、抗体解離試験)
Evaluation Methods and Policy レポート提出(100%)。全回分の提出を必須とする。
レポートは、実習内容の十分な理解がみられ、かつ指示した課題に関して的確に記載されていれば合格とする。
ただし、引用の無いインターネット情報等の明らかなコピーが認められた場合は、再提出を求めるか、または不合格とすることがある。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 実習手順書で当日の内容を確認しておくこと。
実習後はなるべく早くレポート作成にとりかかること。
Textbooks Textbooks/References 2回生の「免疫学I」で使用した教科書。
実習開始前に、実習手順書を配布する。実習当日の内容を確認しておくこと。
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A course with practical content delivered by instructors with practical work experience
PAGE TOP