6731022 Oriental History

Numbering Code U-LET24 36731 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.3
Instructor name OTA IZURU (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 中国の文化はいろいろな意味で、周辺各国・地域におよんでいる。日本でも人気のある『三国志演義』もそうした中国から伝播してきた文化の一つであるといってよいだろう。それは単に小説として人気を集めただけでなく、華僑・華人によって民間信仰としても運ばれていった。本授業では、おもに中国明清時代以降、『三国志演義』の英雄・関羽がいかにして「人」から「神」へと変貌を遂げ、それがモンゴル、新疆、チベット、台湾などにどうのように伝播していったか、関羽に関する霊威伝説がいかに創出され、人びとのあいだに受容されていったかについて、ユーラシア東部を広く見渡しながら位置づけてみたい。中国における民間信仰のあり方に関する知見を広めるとともに、民間信仰に関する歴史史料の読解力についても身につけてもらいたい。
Course Goals 中国の民間信仰に関する歴史文献とフィールドワーク、歴史学・人類学といった各学問のディシプリンを乗り越えた研究手法を養う。
Schedule and Contents 第1回:ガイダンス
第2回:領域統合と民間信仰
第3回:唐朝から明朝における関羽の神格化
第4回:清朝と関聖帝君の「顕聖」(1)
第5回:清朝と関聖帝君の「顕聖」(2)
第6回:関帝廟という装置
第7回:「白蓮」の記憶(1)
第8回:「白蓮」の記憶(2)
第9回:清朝のユーラシア世界統合と関聖帝君(1)
第10回:清朝のユーラシア世界統合と関聖帝君(2)
第11回:清朝の版図・王権と関羽信仰(1)
第12回:清朝の版図・王権と関羽信仰(2)
第13回:国家と宗教(1)
第14回:国家と宗教(2)
第15回:おわりに
Evaluation Methods and Policy 授業中に行う小テスト50%(持ち込み不可)、平常点50%で総合的に評価を行なう。詳細は初回授業にて説明する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 教科書のほか、参考にすべき論文や図書を紹介するから、それらを予習として読んだうえで授業に参加して欲しい。
Textbooks Textbooks/References 関羽と霊異伝説――清朝期のユーラシア世界と帝国版図, 太田 出, (名古屋大学出版会、2019年), ISBN:978-4-8158-0961-4
詳細は初回の授業において説明するので、必ず出席すること。
PAGE TOP