3531021 American Literature

Numbering Code U-LET19 23531 LJ36 Year/Term 2021 ・ Intensive, First semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Intensive
Instructor name MINAMITANI YOSHIMI (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 情動論や感情史研究の興隆とともに近年注目されている、人文学からアプローチする主観的な情動体験としての「痛み」を中心に、英文学のテクストを再考する。「痛み」は誰の生にもありふれた、しかし言語化や数値化、共有が困難な事象である。本講義では19世紀から20世紀中盤の時間軸に書かれた、動物/女性/子供の痛みを含む物語作品やエッセイを読み、実際に人間や動物が体験している〈生きている痛み〉を歴史と文化の中から発見しながら、「痛みと文学」の関係性を考察し、言葉の力あるいはその無力さに対する理解を深める。
Course Goals 「痛み」という経験・事象は歴史的にどのように生きられ、与えられ、耐えられ、どのように理解・表現されてきたのか。「痛み」にはどのような種類があり、人間や動物が生きる上でどのような意味と役割を有しているのか。こうした問題意識を念頭に、本講義では文学テクストの読解を通じて、様々な諸力とイデオロギーによって隠され、存在を消されてしまうこともある「痛み」を発見できる観察眼を磨くに加えて、その痛みを文化的に、歴史的に考察できるようになることを目的とする。
Schedule and Contents 第1回 イントロダクション
第2回 人文学における痛み論の展開
第3回 文学と痛みについてー文献紹介・ディスカッション
第4回 Anna Sewell, Black Beauty: The Autobiography of a Horse
第5回 Margaret Marshall Saunders, Beautiful Joe: A Dog's Own Story
第6回 George Orwell, "Shooting an Elephant"
第7回 Ernest Hemingway, "An African Story"
第8回 Ernest Hemingway, “Indian Camp”
第9回 Samuel Warren, “Cancer”
第10回 Virginia Woolf, "On Being Ill"
第11回 James Joyce, "An Encounter"
第12回 James Joyce, A Portrait of the Artist as a Young Man
第13回 James Joyce, A Portrait of the Artist as a Young Man
第14回 George Orwell, Such, Such Were the Joys
第15回 まとめ+質疑応答
Evaluation Methods and Policy リアクションペーパーと授業参加度(30%)+レポート(70%)で総合的に評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) レポートの課題は「痛みと文学」を予定し、履修者の関心に応じた論を立ててもらうため、あらかじめ身の回りに存在する「痛み」に関心をもち、文献の収集を行なっておくこと。
Textbooks Textbooks/References テキストはPandAにアップする。「痛み」を描いた章や該当部分を事前に読んでおくこと。
References, etc. 痛みの文化史, ディヴィッド・B・モリス, (紀伊國屋書店、1998年)
痛みと感情のイギリス史, 伊東剛史, 後藤はる美(編著), (東京外国語大学出版会、2017年 )
痛むカラダ―当事者研究最前線, 特集, (現代思想2011年8月号、青土社、2011年)
病短編小説集, E.ヘミングウェイ、W.S.モームほか, (石塚久郎監訳、平凡社、2016年)
医療短編小説集, W.C.ウィリアムズ、F.S. フィッツジェラルドほか, (石塚久郎監訳、平凡社、2020年)
The Body in Pain: The Making and Unmaking of the World , Elaine Scarry, (Oxford UP, 1985)
Listening to Pain: Finding Words, Compassion, and Relief, David Biro, (W. W. Norton, 2011)
The Story of Pain: From Prayer to Painkillers, Joanna Bourke, (Oxford UP, 2014)
PAGE TOP