9608001 Iranian

Numbering Code U-LET49 39608 LJ48 Year/Term 2021 ・ Year-round
Number of Credits 4 Course Type lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.2
Instructor name SUGIYAMA MASAKI (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course イランの公用語であるペルシア語の初級を学ぶ。基本文法、基礎単語を修得し、初級レベルの総合的なペルシア語力を養うことを目的とする。
Course Goals 基本的なペルシア語の文法規則・単語を習得することにより、平易な文章であれば辞書を使用しつつ読むことができるようになる。
Schedule and Contents (前期)
第1回 イントロダクション、文字
第2回 発音と表記の注意点
第3回 名詞、基本的な文章、疑問詞
第4回 形容詞、エザーフェ、人称代名詞①
第5回 過去形、前置詞
第6回 現在形①・複合動詞①
第7回 現在形②・未来形、副詞①
第8回 現在完了形・命令形
第9回 仮説法、助動詞①
第10回 助動詞②、人称代名詞②、受動態
第11回 接続詞①②
第12回 関係詞、祈願文、副詞②
第13回 接続詞③、複合動詞②、過去分詞、現在分詞、その他
第14回 確認テスト(1)、数詞
第15回 フィードバック
(後期)
第16回 前期授業の復習、複雑な構造の文章
※以降の授業では、平易なペルシア語のテキストを継続的に読み進める
第17~28回 テキスト読解(1)~(12)
第29回 後期授業の総括および確認テスト(2)
第30回 フィードバック

前期には文字の読み方や書き方を練習しつつ、基本的な文法や単語を学ぶ。後期には簡単な物語等を扱い、読解力の基礎を身につける。
原則として、前期の文法の授業では毎回復習のための小テストを行う。
Evaluation Methods and Policy 平常点評価
 前期(基礎文法)は、小テスト(50点)、確認テスト(50点)
 後期(テキスト読解)は、予習の取り組み(50点)、確認テスト(50点)
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 文字の書き方、基本文法、基礎単語の修得が中心となる前期においては、毎授業後十分に復習をし、次の授業の冒頭に行われる小テストに備えること。
簡単な物語等を読み進める後期においては、各自辞書で単語を調べて訳文を作成しておくなど予習が必須である。
Textbooks Textbooks/References 授業中にプリントを配布する。
References, etc. 特に後期の授業では、黒柳恒男『新ペルシア語大辞典』(大学書林)などペルシア語辞書を用いて予習する必要がある。
その他の辞書や文法書など参考になる文献については、授業中に指示する。
PAGE TOP