5731004 Aesthetics and Art History

Numbering Code U-LET09 35731 LJ34 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.3
Instructor name NEDACHI KENSUKE (Graduate School of Letters Professor)
Outline and Purpose of the Course  運慶とその子息湛慶を中心とする慶派仏師は、鎌倉時代の重要仏師集団であったことはよく知られている。ただ、従来の研究では、運慶が鎌倉時代の彫刻新様式成立に大きな役割を果たしたとし、湛慶が果たした鎌倉時代彫刻史の重要な役割が曖昧なまま論じられてきたところがある。しかしながら、鎌倉時代の彫刻様式は湛慶が大成した見方があるように、湛慶の存在なしには語れないところがある。かれは、運慶の彫刻様式を受け継ぎながらも、快慶や京都仏師の作風などを取り入れ、新たな彫刻様式を大成したとみられる。
 この授業では、湛慶の彫刻史における役割を再考するため、運慶から何を受け継ぎ、また運慶以外の他の仏師の影響がどのようなものであったかを、具体的に検証していくことにしたい。今期は、主に運慶没後の時期の湛慶の活動を検討していきたい。この授業によって、鎌倉時代彫刻史の展開の様子がより明瞭に把握できるようになり、この時期の彫刻史の動向についての理解を深めることができる。
Course Goals 鎌倉時代の運慶から湛慶への彫刻史の展開を論じる講義を受けることで、鎌倉時代の美術の中枢を学び、日本美術史、文化史や宗教史などについての造詣をより一層深めることができるようになる。
Schedule and Contents 授業で取り上げる課題は以下の通りである。

第1回目   はじめに
第2回目   湛慶の略歴
第3回目   運慶工房内における湛慶の活動補足
第4回目   浄蓮華寺丈六阿弥陀如来像の造像
第5回目   雪蹊寺毘沙門三尊像の造像
第6回目   高山寺と湛慶
第7回目   西園寺阿弥陀如来像をめぐって
第8回目   湛慶と快慶
第9回目   湛慶と京都仏師
第10回目  三十三間堂の造仏(その1)
第11回目  三十三間堂の造仏(その2)
第12回目  いわゆる湛慶風の作風の問題
第13回目  康弁と康勝
第14回目   まとめ
第15回目   フィードバック  
Evaluation Methods and Policy  期末のレポートおよび出席状況により評価する。評価はレポート80%、出席状況20%。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に配付するレジュメを必ず読み返すこと。また、授業中に紹介する参考文献や、参考論文は予習・復習のためにぜひ読んでおいてもらいたい。
Textbooks Textbooks/References 毎回、資料配付を行う。
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A course with practical content delivered by instructors with practical work experience
PAGE TOP