8941001 Media and Culture Studies

Numbering Code U-LET37 38941 SJ36 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.3
Instructor name KITA CHIGUSA (Graduate School of Letters Professor)
Outline and Purpose of the Course メディア文化研究では、資料の形態が多岐に渡る。この演習では、そうした多様な資料を扱い、論文を仕上げていくための実践的な技法を学ぶ。
 
Course Goals 取り上げる資料の扱いに習熟し、各々の研究テーマに合わせて柔軟に技法を組み合わせて研究を行うことができる基礎力を養う。
Schedule and Contents 第1回 オリエンテーション・インタビューの基礎(研究グレードのインタビューとは)
第2回 インタビューの方法論①(オーラルヒストリー、グラウンデッドセオリーアプローチ)
第3回:インタビューの方法論② (グループインタビュー、ジャーナリスティックなインタビュー)

第4回 インタビューの計画
第5回 インタビューの実施
第6回 インタビューの分析(コーディング、QDAソフトの使い方)
第7回 Webデータの利用(信頼できる情報源とは)
第8回 Webサイトの構造①(HTMLとCSSの基礎)
第9回 Webサイトの構造②(文書のマークアップによるWebサイト作成)
第10回 成果公開サイトの作成
第11回 映像分析の基礎(コーディング、統計、分析)
第12回 映像分析を用いた論文例の検討
第13回 映像分析の実際(データ収集方法、プログラムの利用)
第14回 映像分析①(作品の選定、分析)
第15回:映像分析②(結果発表)
Evaluation Methods and Policy  平常点(課題の提出、発表、レポート)
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業で取り上げた技法を使って、実際にデータ収集、分析を行う課題を出すので、しっかり取り組むこと。
References, etc. 質的データ分析法, 佐藤郁哉, (新曜社、2008年), ISBN:9784788510951
メディアの卒論 第2版, 藤田真文編著, (ミネルヴァ書房、2016年), ISBN:9784623077199
PAGE TOP