Intermediate Chinese A

Numbering Code U-LAS23 20001 SO48 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar (Foreign language)
Target Year 2nd year students or above Target Student For all majors
Language Japanese and Chinese Day/Period Mon.2/Mon.5/Tue.3
Instructor name LIU,Aiqun (Institute for Liberal Arts and Sciences Program-Specific Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 一年次の中国語の履修によって、既に中国語の基本的な知識を身に付けた学習者を対象とする授業である。この授業では、学習したことを総合的に練習することによって、知識を定着させ、「聞く・話す」を中心に実践的な訓練によって実力アップを目指す。
Course Goals この授業では、交通機関の利用、買い物、スポーツや趣味などの内容について、簡単な中国語でコミュニケーションできる会話力を身に付けることを目標とする。
Schedule and Contents 基本的に教科書に沿って進むが、必要に応じてプリントや補充教材を使用する場合がある。この授業では、交通機関の利用、食事、スポーツや趣味などの内容を取り上げる。また、この授業では、情報交換を求めるタスクのような現実に近いコミュニケーション活動をできるだけ多く教室の中に取り入れ、学んだ中国語を使うことを履修者に体験させる。そのため、教員との、或いは隣同士での中国語によるペア・ワークが求められる。
授業の進み方に関して、基本的に3回の授業で2課のペースで進めていく予定であるが、履修者の実際の状況に応じて変更する場合もある。

定期試験に関して、期末テスト(15回目)、試験に関するフィードバック(16回目)を予定している。
Evaluation Methods and Policy 成績評価の目安:授業の参加度(課題、小テスト、出席など平常点)70%、期末定期試験 30%。詳細については授業の最初の時間に説明する。
また、実際の状況に応じて変更する場合がある。
Course Requirements Refer to "Handbook of Liberal Arts and General Education Courses".
Study outside of Class (preparation and review) この授業では、実習の授業であるため、履修者が受け身ではなく、学習の主体であることが強く期待される。予習・復習などについては、随時教員から指示する。
Textbooks Textbooks/References 中国語でおもてなし--“問答”ペアワークで会話練習, 本間由香里 他, (朝日出版社2017), ISBN:978-4-261-01880-6

PAGE TOP