Museum Education : Concept and Practice

Numbering Code U-LAS52 10003 LJ22 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 2nd year students or above Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Tue.1
Instructor name MOTOKAWA MASAHARU (The Kyoto University Museum Professor)
SASAKI Tomohiko (The Kyoto University Museum Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 博物館における教育活動の基盤となる理論や実践に関する知識と方法を習得し、博物館の教育機能に関する基礎的能力を養う。
Course Goals 博物館における教育活動についての基礎的知識を習得し、学芸員としてそれを博物館での教育活動に実践的に応用できる能力を養う。教科書の内容を十分に理解することを目指す.
Schedule and Contents 以下の内容について教科書を使って学びます.進み具合により,内容が前後することがあります.
第1回 授業のガイダンス、博物館教育論とは何か
第2回 学びの意義
第3回 博物館教育の意義と理念
第4回 コミュニケーションとしての博物館教育
    博物館教育の双方向性、博物館諸機能の教育的意義
第5回 博物館教育の意義
第6回 生涯学習の場としての博物館、人材養成の場としての博物館
    地域における博物館の教育機能、博物館リテラシーの涵養等
第7回 博物館教育の方針と評価
第8回 博物館の利用と学び
第9回 博物館の利用実態と利用者の博物館体験
第10回 博物館における学びの特性
第11回 博物館教育の実際
第12回 博物館教育活動の手法(館内、館外)
第13回 博物館教育活動の企画と実施
第14回 博物館と学校教育(博物館と学習指導要領を含む)
第15回 期末試験 学習到達度の評価
フィードバック 実施方法については講義の中で説明する。
Evaluation Methods and Policy 出席と参加の状況および定期試験を比率2:8で採点する。
Course Requirements 学芸員資格の取得を希望する者。
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に指示する。博物館を自主的に訪れることにより講義の内容をより深く理解することが推奨される。
Textbooks Textbooks/References 博物館教育論, 黒沢浩, (講談社), ISBN:978-4-06-156542-5
PAGE TOP