Basic Organic Chemistry II

Numbering Code U-LAS13 10010 LJ60 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Mainly 1st year students Target Student For science students
Language Japanese Day/Period Fri.3
Instructor name KOMATSU NAOKI (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 理系学生を対象として、有機化学の基礎を修得することを目的とする。具体的には、有機化合物の構造、反応、物性の基礎に関して、生命科学、材料化学、物理科学の視点も含めて学習する。
Course Goals 有機化合物における構造と物性、電子状態と反応性の相関を理解する。また、あらゆる事象を分子レベルで考える姿勢を学ぶ。
Schedule and Contents 以下の項目等について、フィードバックを含 め全15回で授業を行う.

1.芳香族炭化水素(ベンゼンとその誘導体)の性質と反応(2~3週)
2.有機ハロゲン化合物の性質と反応(2~3週)
3.アルコール・フェノールの性質と反応(1~2週)
4.エーテルの性質と反応(1~2週)
5.アルデヒド・ケトンの性質と反応(2~3週)
6.カルボン酸とその誘導体の性質と反応(2~3週)
7.アミンの性質と反応(1~2週)
Evaluation Methods and Policy 授業への参加状況と小テスト(PandA)からなる平常点と定期試験で評価する。平常点と定期試験は概ね3:7とする。
Course Requirements ・前半(基礎有機化学I)との連続した履修を推奨する。
・クラス指定の1回生の受講を優先する。
・理学部、工学部工業化学科、及び薬学部の再履修生は該当するクラス指定の基礎有機化学Iを受講すること。
Study outside of Class (preparation and review) 講義はテキストに即して行う。講義ノートを事前に公開するので、予習をしてくることが望ましい。また、毎回講義終了後に PandA で小テストを行い、学習の定着を図る。
Textbooks Textbooks/References ベーシック有機化学(第2版), 山口良平、山本行男、田村 類 共著, (化学同人), ISBN:978-4-7598-1439-2
References, etc. クリック!有機化学(第2版), 山本行男, (化学同人), ISBN:978-4-7598-1812-3
生命系の基礎有機化学, 赤路健一、福田常彦, (化学同人), ISBN:978-7598-1157-5
PAGE TOP