書論・書写演習A

Numbering Code U-HUM32 24442 SJ36 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year From 2nd to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.2
Instructor name HASEGAWA CHIHIRO (Graduate School of Human and Environmental Studies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course くずし字で書かれた様々なジャンルの古典文学作品(写本)を紹介し、資料の読解を行いながら翻字する。
Course Goals くずし字で書かれた平仮名資料を一通り解読でき、漢字資料にもある程度まで対応できる力を養う。
Schedule and Contents 第1回   ガイダンス
第2~8回  写本の翻字・解読
     和歌集、『伊勢物語』『源氏物語』『枕草子』『徒然草』『平家物語』等、毎回異なる作品を2点選び、それぞれ
     半丁(頁)程度ずつ翻字する。
第9~15回 発展的資料(写本)の翻字・解読
     『宇治拾遺物語』など2点の作品を選び、毎回1丁半から2丁程度ずつ翻字する。作品、ジャンルなどのリクエストが
     あれば、難度などの条件が合えば応じることもできる。

・期間中に、小テストを1回程度実施し、到達度を確認する(第8回予定)。
・受講者の理解度・習熟度に応じて、内容と進度を調節する。
Evaluation Methods and Policy 定期試験(筆記)により評価する。

到達目標について
 A+:すべての観点においてきわめて高い水準で目標を達成している。
 A :すべての観点において高い水準で目標を達成している。
 B :すべての観点において目標を達成している。
 C :大半の観点において学修の効果が認められ、目標をある程度達成している。
 D :目標をある程度達成しているが、更なる努力が求められる。
 F :学修の効果が認められず、目標を達成したとは言い難い。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 小テストに備えた、テキストの復習。
定期試験に向けての自主的な準備。
Textbooks Textbooks/References プリント配布。
References, etc. くずし字解読辞典(普及版), 児玉幸多, (東京堂出版), ISBN:449010331X
PAGE TOP