生体分子機能論I

Numbering Code U-HUM50 29137 LJ69 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year From 2nd to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.5
Instructor name TSUCHIYA TOORU (Graduate School of Human and Environmental Studies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 生物を構成する多様な分子の構造、機能、代謝などについて理解することを目的とする。
Course Goals 生物および生命現象について、物質レベルで理解するための基礎知識を習得する。
Schedule and Contents 以下の内容について、3~5週の講義を行う予定である(フィードバックを含めて全15回)。

1. 細胞の構成成分の構造と機能
 核酸、タンパク質、糖質、脂質について構造と機能を解説する。

2. 酵素反応
 酵素反応の特異性、反応速度論について解説する。

3. 代謝経路
 主要な代謝経路である解糖系、TCA回路等について解説する。
Evaluation Methods and Policy 平常点(50%)と試験(50%)を基に総合的に評価する(試験をレポートに代えることがある)。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 復習により、講義内容を理解すること。
Textbooks Textbooks/References 適宜資料を配付する。
PAGE TOP