Experimental Particle Physics B

Numbering Code G-SCI22 53023 LJ57 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name TAJIMA OSAMU (Graduate School of Science Associate Professor)
NAKAYA TSUYOSHI (Graduate School of Science Professor)
WENDELL,Roger (Graduate School of Science Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 高エネルギー素粒子物理学について、ゲージ理論を中心に講義する。
実験系の学生を対象に、電弱統一、自発的対称性とヒッグス粒子、ニュートリノ物理の理解を目指す。ファインマンダイアグラムを使い、現象の根幹の理解に努める。
後半は、素粒子物理学の歴史的な発見に関する論文輪講を行う。
Course Goals 素粒子実験の原著論文を熟読し、素粒子の標準模型が説明する現象を理解する。
Schedule and Contents 6. 自発的対称性の破れとヒッグス機構:素粒子の標準模型(2回)
7. 素粒子標準模型の現象(2回)
* ニュートリノ質量・ニュートリノ振動
* CPの破れ
* トップクォーク
* 反粒子
* チャームクォーク
8. 素粒子物理学の歴史的な発見に関する論文輪講(10回)
Course Requirements 特になし。
Study outside of Class (preparation and review) 講義中に読む、原著論文を予習する。
PAGE TOP