Seminar on Fluid Physics B

Numbering Code G-SCI21 62024 SJ57 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name TOU SADAYOSHI (Graduate School of Science Associate Professor)
MATSUMOTO TAKESHI (Graduate School of Science Assistant Professor)
TAKEHIRO SHINICHI (Research Institute for Mathematical Sciences Associate Professor)
ISHIMOTO KENTA (Research Institute for Mathematical Sciences Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 流体に関わる波動現象、構造の形成とその動力学、乱流、輸送・混合現象などの強非線形強非平衡現象及び、それ取り扱う理論に関する文献を輪読し、合わせて各自の取り組みの紹介や議論を行う。

Course Goals 文献講読及び演習を通して、流体物理に関わる基本的な概念、解析手法や数値計算手法を習得する。更に、これらの手法を用いて自立的に研究を遂行する能力や研究結果のプレゼンテーション力を養う。
Schedule and Contents 流体物理学の中心的課題である乱流理論や数値計算手法を中心に、その背景となる基礎的な物理や応用数学の話題を扱う。
第1回:
セミナーの内容及び進め方の説明と確認
第2回~第15回:
受講者の理解の程度を確認しながら、以下の各テーマに関する文献講読と演習を行う。
 ・乱流の現象論、繰込み理論を始めとする一様等方乱流の統計理論
 ・乱流の輸送・混合現象の数理的記述
 ・空間的な自由度を持つ系の力学系的記述
 ・非ニュートン流体の流動現象
 ・流体現象を記述する数値計算手法
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) セミナーで用いるテキストや文献は事前に連絡するので、予習を必ずしてからセミナーに参加すること。
PAGE TOP