Actuarial Mathematics A

Numbering Code G-SCI11 90181 LJ55 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name TSUNEKAWA HIROYUKI (Graduate School of Science Visiting Professor)
MINAMI YOSHIHIRO (Graduate School of Science Visiting Professor)
ASANO JUN (Graduate School of Science Visiting Professor)
TOKUDA YUUYA (Graduate School of Science Visiting Professor)
Nakamura Yoshio (Graduate School of Science Visiting Professor)
Outline and Purpose of the Course 保険数学は,確率・統計の最有力な応用分野であり,実際に保険業務・年金業務をはじめ,近年では金融業務全般でも活用が進められている。
保険数学講座は,その専門家(アクチュアリー)の職務知識を含め,幅広い分野で確率・統計を応用するための手法を研究するものである。
Course Goals 生命保険の数理計算の基本的な手法について理解する。その基礎となる生命保険価格の算定方法等について基礎的な確率論を踏まえた上で保険数学へ応用できるようにする。
Schedule and Contents 基礎的な確率論を踏まえて、保険数学への応用を講義する。
以下のテーマに関して(項目に応じて1~3回)合計15回の授業を行う。

1.生命保険の基礎知識[担当:恒川]
2.利息の計算[担当:恒川]
3.確率の基礎[担当:南]
4.余命の確率分布(余命確率変数の導入)[担当:南]
5.生命表[担当:南]
6.生命保険(保険金現価確率変数)[担当:徳田]
7.生命年金(年金現価確率変数)[担当:徳田]
8.平準払純保険料(保険者損失と収支相等の原則)[担当:徳田]
9.責任準備金(確率的保険者損失の期待値、分散)[担当:中村]
10.営業保険料[担当:浅野]
11.まとめ[担当:浅野]
12.フィードバック
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 講義内容のより深い理解のために,保険数学演習Aも同時に履修するのが望ましい。
Textbooks Textbooks/References アクチュアリーのための生命保険数学入門, 京都大学理学部アクチュアリーサイエンス部門編, (岩波書店), ISBN:ISBN978-4-00-006280-0 C3041
PAGE TOP