How to write mathematical papers

Numbering Code G-SCI11 50067 LJ55 Year/Term 2021 ・ Intensive, First semester
Number of Credits 1 Course Type Lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period Intensive
Instructor name Karel SVADLENKA (Graduate School of Science Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course TeXを使っての数学論文の書き方についての講義を行う。近年の数学論文はほとんどがTeX(特にLaTeX)という文書書式により作成されている。TeXとは、数学記号や式表現、文書作成を行うための文書書式・文法・ソフトウェア・関連パッケージの総称である。学術雑誌での論文発表のためにはTeX形式での論文提出を求められることが多く、数学・数理解析専攻での修士論文・博士論文も現在ではその多くがTeXにより作成されている。この講義では、TeX(特にLaTeX)の文法とソフトウェアの扱いの基本について解説する。
Course Goals 数学論文をTeXを使って書くために必要な知識を身につける。TeXを利用するためのワークフロー、TeX, LaTeXの基本的な文法、論文作成やプレゼンテーションに必要なパッケージなどについて学ぶ。
Schedule and Contents 以下のテーマについて解説する。講義と平行して、実際にTeXを用いて文書を作成することが要求される。
1. なぜTeXが必要か
2. TeXによる文書作成の流れ
3. TeXおよびLaTeXの文法
4. ソフトウェアの取り扱い
Course Requirements コンピュータの基本的取り扱いができること。
Study outside of Class (preparation and review) 実際にLaTeXを用いて文章を作成してみること。
References, etc. LaTeX2e 美文書作成入門(改訂第6版), 奥村 晴彦, (技術評論社), ISBN:4774160458
インストールいらずのLaTeX入門--Overleafで手軽の文章作成, 坂東 慶太, (東京図書), ISBN:97844890231
PAGE TOP