看護倫理学特講

Numbering Code Year/Term 2021 ・ Year-round
Number of Credits 4 Course Type Lecture
Target Year 1st year doctoral students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name TAKENOUCHI SAYAKA (Graduate School of Medicine Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 現代の医療システムの中で生じる重要な倫理的課題について、構造化されたアプローチにより特定・分析し、患者や関係者とともに本人の価値観を尊重して、最善策を検討するための能力を養う。
Course Goals 1.看護師の倫理的看護実践の基盤となる法律及び指針と、基本的知識を理解する。
2.倫理的課題が生じる状況において、それぞれの立場での考えや価値観の相違を理解し、状況を分析できる。
3.チーム医療の中で生じる意見や考えの違い、問題の複雑さや不確実性に伴う葛藤について、その解決に向けて具体的なアプローチ方法について理解する。
4.臨床における倫理的課題を理解し、その解決を通して判断能力を養うと共に、倫理調整に必要な知識を習得する。
5.看護研究における倫理に関して、研究協力者の権利と擁護について理解する。
Schedule and Contents 第1-2回 Nursing and the Ethical Dimension of Practice
第3-4回 A Duty-Based Approach for Nursing Ethics & Practice
第5-6回 Utilitarianism as an Approach to Ethical Decision Making in Health Care
第7-8回 Virtue Ethics and Nursing Practice
第9-10回 Care Ethics and Nursing Practice
第11-12回 The Concept of Person
第13-14回 Patient Autonomy in Nursing and Healthcare Contexts
第15-16回 The Nurse as Patient Advocate
第17-18回 Ethical Issues at the Beginning of Life
第19-20回 Ethical Issues at the End of Life
第32-22回 Ethical Issues in Mental Health Nursing
第23-24回 Resource Allocation and Rationing in Nursing Care
第25-26回 Values-Based Nursing and Fitness to Practice Issues
第27-28回 Ethical Principles in Healthcare Research
第29-30回 Clinical and Organization Ethics: Implications for Healthcare Practice
第31-32回 フィードバック
Evaluation Methods and Policy 平常点評価(60%)と課題レポート(40%)にて評価を行う。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 与えられたテーマについて、予習や復習を通して考察を深めてください。
PAGE TOP