1841008Buddhist Studies (Seminars)

Numbering Code G-LET14 71841 SJ36 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Thu.4
Instructor name YAMAGUCHI NARIKO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course パーリ語は、上座部仏教系の聖典書写に使用された主要言語であり、サンスクリット語、チベット語などと同様、インド古典学および仏教学の学習・研究を進めるうえで極めて有益な言語のひとつである。
また、その音韻的特徴などを把握することで、古典サンスクリット語やヴェーダ語といった古代インド語に対する知識を深めることも期待できる。

テキスト講読を通してパーリ語の読解力を付けることを目指す(Jaatakatthavannanaa(ジャータカ(本生譚)注釈))に収録されている比較的短い動物寓話を読む予定)。

なお、文法的な事柄については、講読を進める中で、必要に応じて解説する。
Course Goals 今後の学習や研究に必要なパーリ語原典テキストを自力で読解できる程度の語彙力と読解力を身につける。
Schedule and Contents 第1回:イントロダクション
    ・パーリ語について(言語的特徴などについて概説)
    ・精読に必要な辞書や文法書などの紹介
    ・講読テキストのプリント配布
    ・講読テキストに関する概説(物語の内容、関連テキストなど)
    
第2回ー5回: テキスト講読 (Sumsumaarajaataka  ワニ本生)
第6回ー9回:テキスト講読 (Kacchapajaataka カメ本生)
第10回ー14回:テキスト講読 (Bakajaataka 青サギ本生)
学期末テスト
第15回:フィードバック

・輪読形式を基本とする。文法事項等、テキストの理解に必要な事柄は、必要に応じて解説を加える。

・授業の進度は、受講生の理解度に応じて変更する場合がある。
Evaluation Methods and Policy 平常点(テキスト読解力、あるいは内容理解への積極性:50点)と学期末テスト(50点)による。

(※ 学期末テストは初見テキストを問題とし、辞書・文法書などの持ち込みは可とする。)
Course Requirements 初級程度のサンスクリット語読解力があること。
Study outside of Class (preparation and review) ・テキスト講読は輪読形式で行うため、原則として予習をして臨むこと。

・初学者はできる範囲で予習し、復習に重点をおくこと。
Textbooks Textbooks/References プリント配布
References, etc. A Pali Grammar, Wilhelm Geiger, (The Pali Text Society), ISBN:0 86013 318 4
パーリ語文法, 水野 弘元, (山喜房佛書林), ISBN:4-7963-0010-4
PAGE TOP