M183004German Language and Literature (Seminars)

Numbering Code G-LET17 7M183 SJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.3
Instructor name KAWASHIMA TAKASHI (Graduate School of Letters Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 「文学と政治」は、古くて新しいテーマである。文学は、いわゆるアンガジュマンの文学のような例外を除いて、しばしば政治とは無関係の中立的な営みであるかのように装われるが、実際には常に時代の政治状況の中から生み出され、時代の政治状況との関わりで読まれるものである。この授業では、特に非政治的であると見なされがちなドイツ文学作品の事例に注目し、その作品についての研究史を概観しながら、そこにどのような政治的問題が関連しうるかを考えていく。
Course Goals 当該分野の研究動向を把握し、先行研究を批判的に読み、自分自身の視点を打ち出すことができるようになる。
Schedule and Contents 前期に引き続き、基本的に輪読形式でドイツ語の研究論文を読む。
取り上げるテーマとテキストについては、受講者の希望を考慮しつつ決定する。

第1回 前期の復習と今期の課題の設定
第2~14回 テキスト輪読と討論
第15回 まとめ
Evaluation Methods and Policy 平常点のみで評価
Course Requirements 中級以上のドイツ語の読解能力があること
Study outside of Class (preparation and review) 次回読む範囲を、ドイツ語辞書を用いて予め読んでおくこと。
PAGE TOP