Social Cognition

Numbering Code G-EDU46 57203 LJ46 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits Course Type special lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.4
Instructor name UCHIDA YUKIKO (Kokoro Research Center Professor)
Outline and Purpose of the Course 文化が私たちのこころの働きとどのようにかかわっているのかを研究する文化心理学の実証研究を取り上げ、比較文化の研究手法やその理論について学べるような内容とする。文化と心の関係についての実証的な知見や方法、理論を学ぶことは心理学をはじめとする心に関連する学問分野にとって意義がある。授業は講義やディスカッションにより進める。

なお、2021年度の授業はzoomでのオンラインで実施する可能性がある(PANDAにズームリンクを設置する)。Zoomにおいては教員が受講生の反応を知るために差し支えない範囲でオンにし、音声は質問時以外はオフとする。授業中の終盤には質問を受け付け、インタラクティブに授業を行う。
Course Goals ・文化心理学研究の基本的な理論や方法論、実証研究からの知見などを習得する
・認知における社会・文化的要因の重要性について理解する
Schedule and Contents 下記のトピックスについての、文化心理学的研究(主に比較文化研究)について取り上げ、これらの心理プロセスと文化の関係について検討する予定である。各トピックスについて、講義やディスカッションを含め、2週~3週の授業をする予定である。
1)文化心理学の理論
2)人の社会性
3)自己・対人関係と文化
4)認知と文化
5)感情と文化
6)文化と発達
Evaluation Methods and Policy 【評価方法】
出席時のコメント30%、期末レポート70%での評価
【評価基準】
到達目標について、人間・環境学研究の評価基準に従って評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 文化心理学が方法論的に依拠する実験社会心理学の手法についての知識は、社会心理学の教科書などで予習することが望ましい。
PAGE TOP