Practical Seminar For Teaching Profession

Numbering Code U-EDU04 49302 SJ47 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits Course Type topics seminar
Target Year 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.2
Instructor name ISHII TERUMASA (Graduate School of Education Associate Professor)
KITAHARA TAKUYA (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 本演習では、まず教職課程において各自が身につけてきた力量について、ポートフォリオをもとに検討し、それぞれの受講生に不足している知識・技能等やさらに伸長すべき資質能力を明らかにする。次に、ニーズに応じた学習活動(自主学習会・模擬授業の実施、公開研究会・ワークショップへの参加など)を行うことにより、力量形成を図る。最後に、演習における成果を報告し、教員として最小限必要な資質能力が身に付いているかを確認する。
Course Goals 教職課程において各自が身につけてきた力量について振り返り、不足している知識・技能やさらに伸長すべき資質能力を、具体的に明らかにすることができる。
そこで明らかになった課題について、自主的な学習計画を立て改善を図り、その成果を分かりやすくまとめ、発表することができる。
Schedule and Contents 1~2.  オリエンテーション(教師に求められる力量についての講義とワークショップ)
3~6. 教職課程ポートフォリオ検討会(本演習の課題設定)
7~11. 課題解決活動(自主学習会・模擬授業の実施、公開研究会・ワークショップへの参加など)
12~14. 本演習における成果報告
15.   まとめ
Evaluation Methods and Policy 授業における課題への取り組み(60%)と、成果物を収めたポートフォリオ(40%)によって評価を行う。
評価方針は、到達目標について、教育学部の成績評価の方針に従って評価する。
Course Requirements 「教育実習」を履修し、当該年度に教員免許状を取得見込みの者。
 定員25名。前期に実施する「教職実践演習オリエンテーション」において履修希望者の抽選を行うので、必ず参加すること。
力量の柱C・Dについて、教科の専門性をさらに深めたい者が履修することが望ましい。
 本演習の課題解決活動においては、自主学習会・模擬授業の実施、公開研究会・ワークショップへの主体的な参加を求める。
Study outside of Class (preparation and review) 授業外での課題探求活動への積極的な取り組みが求められる。
Textbooks Textbooks/References 教職実践演習ワークブック, 西岡加名恵・石井英真・北原琢也・川地亜弥子, (ミネルヴァ書房)
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A course with practical content delivered by instructors with practical work experience
PAGE TOP