Food Molecular Biology I

Numbering Code U-AGR06 2F123 LJ79 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 2nd year students Target Student
Language Japanese Day/Period Thu.2
Instructor name WATANABE DAISUKE (Graduate School of Agriculture Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 生命現象の理解に必須の、分子生物学の基礎を概説する。
Course Goals 生命現象の基本的事項を分子レベルで体系的に理解できるようにする。
Schedule and Contents 第1回:遺伝子発現の調節(1)
第2回:遺伝子発現の調節(2)
第3回:遺伝子とゲノムの進化(1)
第4回:遺伝子とゲノムの進化(2)
第5回:現在の組換えDNA技術(1)
第6回:現在の組換えDNA技術(2)
第7回:現在の組換えDNA技術(3)
第8回:膜の構造(1)
第9回:膜の構造(2)
第10回:膜を横切る輸送(1)
第11回:膜を横切る輸送(2)
第12回:細胞内区画とタンパク質の輸送(1)
第13回:細胞内区画とタンパク質の輸送(2)
第14回:細胞内区画とタンパク質の輸送(3)
期末試験
第15回:フィードバック:フィードバック時間に教室で学生から自習に基づいた質問をうける。
Evaluation Methods and Policy 【評価方法】
 期末試験(80%)の結果に、平常点(小テスト・授業内質疑応答等)(20%)の結果を合わせて評価する。
【評価基準】
 評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
Course Requirements 食品基礎分子生物学Ⅰ、Ⅱを履修していることが望ましい。
Study outside of Class (preparation and review) 予習について、シラバスに記載された次回の授業内容に相当する教科書の部分をあらかじめ学んでおくこと。わからない点については、講義内容の理解あるいは質問等によって解決すること。
復習について、講義で行なった内容について教科書を参考にして復習すること。疑問が出た場合には次回の講義時間中に質問等によって解決すること。
Textbooks Textbooks/References Essential 細胞生物学原書訳 第4版, Bruce Albertsら, (南江堂), ISBN:978-4-524-26199-4
References, etc. エリオット生化学・分子生物学、原書訳第3版, William H. Elliottら, (東京化学同人), ISBN:978-4-8079-0642-0
ホートン生化学 第5版, L. A. Moran, H. R. Horton, K. G. Scrimgeour, M. D. Perry , (東京化学同人), ISBN:978-4-8079-0834-9
PAGE TOP