Practice in Surveying

Numbering Code U-AGR03 3C224 PJ83 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Practical training
Target Year 3rd year students Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.3・4
Instructor name ONITSUKA KENICHIROU (Graduate School of Global Environmental Studies Associate Professor)
BASU Mrittika (Graduate School of Global Environmental Studies Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course 測量における基礎的技術の習得を目標に,距離,角度,高低差を測る方法を講述する。さらに距離測量,トラバース測量,平板測量,水準測量,GPS測量の実習を通してそれらの方法や,一般的な測量器具の取扱い方法,誤差の調整方法等を学ぶ。
Course Goals ・測量に用いる機器の使用・検査・調整法について理解する
・野外での測量作業の方法を修得する
・観測値の検査法・調整法・記録法を修得する
・測量結果に基づく地図作成の方法を習得する
Schedule and Contents 基本的に以下に従って実習を進める。ただし作業の進み具合や天候などに対応して順序や同一テーマの回数を変えることがある。

・ガイダンス(1週)
 実習の概要と実施場所についての説明を行う。
・直接距離測量(1週)
 巻き尺を用いた距離の測定方法を習得する。
・間接距離測量(1週)
 間接的に距離を測定する方法の1つ,スタジア測量の技術を習得する。
・トラバース測量(5週)
 京都大学農学部北部構内農場で,トランシットを用いたトラバース測量を行うとともに,閉合トラバースの調整方法等を習得する。さらにトータルステーションを用いたトラバース測量の方法を習得し,トランシットを用いた測量結果との比較を行う。
・GPS測量(1週)
 GPSを用いた測位法の1つであるキネマティック方式の技術を習得する。
・平板測量(2週)
 京都大学農学部北部構内農場内の地物の平面測量,ならびに平面図の作成を行う。
・水準測量(2週)
 吉田山周辺でオートレベルを用いた水準測量を行い,目標地点の標高を求めるとともに,誤差の調整方法等を習得する。
・面積測量(1週)
 プラニメーターを用いる方法など,面積に関する各種測定法を習得する。
・課題演習(1週)
 測量に関するさまざまな演習問題を解く。
・フィードバック(1週)

※実習内容への質問は実習中に適宜を受け付けます。
Evaluation Methods and Policy 評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」によります。平常点(50%)とレポートおよび課題提出物に対する評価(50%)を総合して行います。
Course Requirements 測量学(C123)を同時に受講しているか,既に修得していること。
Study outside of Class (preparation and review) 実習では、測量結果の整理やそれにもとづく結果の検査、調整についてのレポートの提出を求めることがあります。実習が終了したら、測量学の授業や実習の資料を参考にして、レポート課題に取り組んでください。
Textbooks Textbooks/References 毎回,実習に必要な資料を配付する。
PAGE TOP