コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 公開講義 伝わってしまうプレゼンテーション -その思考と技術-

246 - 伝わってしまうプレゼンテーション -その思考と技術-, 2019

Course Image

伝わってしまうプレゼンテーション
-その思考と技術-

宮野 公樹
(学際融合教育研究推進センター 准教授)

2019年1月

講義映像

概要

スライドの「デザイン」は、効果的に伝えるツールでもあることは言うまでもないが、それは同時に論理性、客観性を養う学習ツールでもある。この信念の元、パッと見ただけで伝わってしまうスライドのデザインについて、履修生の実際のスライドの修正例を取り入れながら講義する。

 宮野/公樹(ミヤノ/ナオキ)
博士(工学)。京都大学学際融合教育研究推進センター准教授。兼任:国際高等研究所 客員研究員
96年立命館大学理工学部卒業後、01年同大学大学院博士後期課程を修了。大学院在籍中の00年カナダMcMaster大学にて訪問研究生として滞在。のち、立命館大学理工学部研究員、九州大学応用力学研究所助手、2005年京都大学ナノメディシン融合教育ユニット特任講師、2010年京都大学産官学連携本部特定研究員、2011年より現職。その間、総長学事補佐、文部科学省研究振興局基礎基盤研究課参事官付学術調査官を兼任。受賞歴:南部陽一郎研究奨励賞、日本金属学会論文賞、日本金属学会若手論文賞、他多数。研究・イノベーション学会理事(非常任)、日本触覚学会特別顧問。専門分野:学問論、大学論、科学技術政策。2009年に発刊した「学生・研究者のための使える!パワポスライドデザイン 伝わるプレゼン1つの原理と3つの技術(化学同人)」は未だに増刷を続けて第20刷をこえるベストセラーに。
個人サイト→ https://sites.google.com/site/miyanonaoki20170/home