コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) アジア・アフリカ地域研究研究科 東南アジア地域研究専攻 地域研究プロジェクト・デザイン

地域研究プロジェクト・デザイン

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA01 81318 LJ31
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1-5回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 石川 登(東南アジア地域研究研究所 教授)
授業の概要・目的 受講生それぞれの研究プロジェクト設計を補助することを目的とする。具体的には、博士論文予備論のためのフィールドワークや文献調査を事前にデザインすることを目指す。
到達目標 フィールドワーク(文献調査を含む)で行うべきことを事前にイメージトレーニングする。
自分の研究の目的を明確にし、先行研究のなかでの立ち位置を明確にする。
授業計画と内容 以下に記したようなトピックに関するホームワークの提出とその相互参照に基づく受講者参加型授業を進める。調査前のリサーチ・デザインならびに調査後データの可視化と論文構成のための力を養うことを主眼とし、博士予備論文執筆のための基礎的作業とする。奨学金情報の整理、設問分析、プロポーザル準備や文献探索方法など実効性のあるトレーニングも試みたい。

1 研究タイムテーブルの作成
2-3 研究テーマの明確化と文章化
4-5 分析単位(空間的・歴史的枠組)の設定と文章化
6 調査デザイン/論文構成に関するコンセプト・マップの作成
7 方法論
8 調査方法
9-10 研究史レビュー
11 リーディング・リスト設計と読解(地域)
12 リーディング・リスト設計と読解(テーマ)
13 文献探索方法
14 奨学金申請のためのプロポーザル・ライティングなど
15 まとめ
成績評価の方法・観点 ・一連のホームワークの提出と授業への積極的な参加
・期末提出物としてのリーディング・リスト(地域とテーマ)
履修要件 地域、分野、トピックを問わない。
授業外学習(予習・復習)等 自分のホームワークを受講生人数分コピーし配布する。
教科書
  • 適宜指示する。
参考書等
  • 適宜指示する。