コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

生態環境論研究演習Ⅰ

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA01 51151 SB31
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 3 単位
授業形態 ゼミナール
配当学年 1,2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 水3
教員
  • 竹田 晋也(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
  • 古澤 拓郎(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
  • 小坂 康之(アジア・アフリカ地域研究研究科 准教授)
  • 坂本 龍太(東南アジア地域研究研究所 准教授)
  • 山崎 渉(東南アジア地域研究研究所 教授)
授業の概要・目的 東南アジアの自然環境と、それをとりまく社会生態環境の特質を検討するための基礎的な問題とアプローチの方法に関する演習をおこなう。
到達目標 研究者となるに必要な知識と技術を習得する。特に、研究の構想と計画立案、文献検索と学術動向の把握、研究成果の公表、議論する能力などである。
授業計画と内容 第1週 オリエンテーション
第2-14週 各自の研究報告を中心とする演習
第15週 まとめ
成績評価の方法・観点 発表内容および出席により評価するが、ゼミの中での積極的な姿勢も考慮に入れる。
履修要件 博士予備論文審査にまだ合格していない者。
授業外学習(予習・復習)等 自分の発表に向けては、十分な努力と時間を費やして準備をすること。また、発表の前後には、指導教員とよく話し合うこと。
他の学生が発表する際には、その内容を理解し、議論することができるように、予習と復習を行うこと。