コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

Zero-emission Social System

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENE01 78024 LE14
  • G-ENE01 78024 LE28
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 2 単位
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 英語
曜時限 集中
教員
  • 関係 教員(エネルギー科学研究科)
  • 手塚 哲央(エネルギー科学研究科 教授)
  • 尾形 清一(エネルギー科学研究科 准教授)
授業の概要・目的 The main purpose of this lecture is to provide students basic viewpoint and knowledge required for
environmental leaders who can practically solve environmental issues occurring in developing countries,
showing several international environmental projects as practical case works. All of the lectures and
presentations are given in English.

環境学を学び,問題解決を実践するための環境リーダーとしてのあり方・考え方の構築を目的とす
るもので,国際環境プロジェクト等に関する講義を中心に構成する。本講義は英語で実施される。
到達目標 This lecture course intends to foster students to be leaders who can solve environmental problems practically,
and the students are expected to adsorb lecture contents as their own experience. For this purpose, the course
encourages the students to conduct self-study for following up each lecture's contents, and requests them to
enhance their capabilities by preparation of students preparations on issues related to environmental leaders.

本講義は、受講者が将来、種々の環境問題を実践的に解決できるリーダーとなることを目指してお
り、講義内容を自らの疑似体験として消化することを期待している。そのため、講義内容のフォロ
ーアップを自ら行うとともに、それに基づく発表でその能力が涵養されるように設計している。こ
れにより、リーダーとして必要なマネジメント力を習得する。
授業計画と内容 Spring Semester:(春季)
(地球環境学堂の環境リーダー論Aを受講、
Attend the course, "Environmental Leadership A", given by the International Environmental Management Program of the Graduate School of Global environmental Studies (GSGES) )

No. 1 (April 12) Guidance (Fujii) and "Waste problems and International cooperation" (Asari)
The current situation of global waste problems is surveyed. Additionally the case studies of international
cooperation in this field in Asia-Pacific region will be shown and discussed.
No. 2 (April 18) "Domestic Wastewater Treatment Technology and Management in Thailand" (Boontanon)
The water quality of rivers in Thailand varies from low to extremely low. This lecture will provide the
current situation and existing challenges of domestic wastewater treatment technology and management in
Thailand.
No. 3 (April 25) "Energy and Environment" (Tezuka)
The issues of the energy supply and demand and those of the energy-related environmental damage are
discussed from the perspectives of systems study and international relationship. The history and current
situations of the issues are explained as well as the ways of thinking for mitigating the problems.
No. 4 (May 2) "Global Environmental Changes and Health" (Takano)
Global environmental changes can affect health and diseases. You will learn about the health effects of a
variety of environmental factors related to global environmental changes.
No. 5 (May 9) "Water and Sanitation Management in Developing Countries" (Fujii) 
Water is one of fundamental elements for human daily life, and UN SDGs (United Nation's sustainable
development goals) include sustainable access to an improved water source and improved sanitation. This
lecture gives fundamental factors for water use and discharge, and some examples of water use in developing
countries. 
No. 6 (May 16) "Sustainable development in tropical rain forest: Activity report from Cameroon" (Funakawa)
It is essential to achieve both the natural resources conservation and agricultural development in rural
society at the same time when we consider future strategy for utilizing tropical rain forest. In this class, one of
such trials is introduced.
No.7 (May 23) "Student presentations and discussions" (All)
Students give presentations on topics related to the above contents, and discuss them each other.
第1回(4/11) ガイダンス(藤井)および廃棄物問題と国際協力(浅利)
世界の廃棄物問題の実態を概観すると同時に、アジア太平洋諸国における事例を交えて廃棄物管
理に関する国際協力について学び、議論する。
第2回(4/18) タイにおける家庭廃水の処理技術と管理(Boontanon)
 タイの水環境はきわめて劣悪な状況であり、本講義では、それを引き起こしている家庭廃水の処
理技術の状況と管理状態について講述する。
第3回(4/25) エネルギーと環境(手塚) 
国際的・システム的観点からエネルギー問題及びエネルギー利用と深く関連する環境問題を取り
上げ、その歴史と現状、問題解決の考え方について述べる。
第4回(5/2) 地球環境の変化と健康(高野)
地球環境の変化は、ヒトの健康や疾病構造に変化を与えうる。種々の環境要因が健康や疾患に及
ぼす影響について学ぶ。
第5回(5/9) 開発途上国水衛生管理(藤井)
水は人の生活上基本要素であり、安全な飲料水の確保と基礎的衛生施設の確保は、SDGsの1つで
ある。本講では、水利用の基本要素・途上国での具体例について学ぶ。
第6回(5/16) 熱帯雨林における持続的な開発:カメルーンからの報告(舟川)
 熱帯雨林を将来的にどのように利用していくか考える際、自然資源の保全と地域社会の農業開発
を同時に成し遂げることが必要である。本講義では、カメルーン熱帯林におけるそのような試みを
紹介する。
第7回(5/23) 発表・討論(全員)  
 第1回~6回の内容を参考に学生による発表とその質疑・討論を行う。

Fall Semester:(秋季,No.8~15)
No. 8-15 Advanced Energy Seminar
Requirement is to attend the special lectures and submit the reports about the lectures.
(後期期間中に開催される特別講演などに出席,その概要と感想に関するレポートをA4用紙に記載の上提出)
成績評価の方法・観点 Spring Semester:前期
Positive participation and attendance (40%), and presentatations and submission of reports (60%) are
evaluated. Each student is required to make an English presentation related to the lecture contens involving
his/her investigation and discussions.
受講態度における積極性(40%)と発表レポート(60%)により総合評価する.特に発表レポート
については,講義を受けた後に自ら関連する内容についての知見を深めたものであることを要件と
する.

後期
レポートにより評価.
Fall Semester:
Evaluated by the submitted reports.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 Preparation homework is not required, but homework is recommended to follow up each lecture's contents.

各授業において、予習は不要であるが、最終発表のため、各授業の発展的調査を期待する。
参考書等
  • - Disaster Management: Global Challenges, Local Solutions: Rajib Shaw and R.R. Krishnamurthy, University Press, 2009 その他は、授業時に述べる The other books will be announced at the class.