コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

認知心理学特論III

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU46 57219 LJ46
開講年度・開講期 2020・後期
授業形態 特論
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 森口 佑介(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 本授業では,認知発達とその生物学的基盤を,発達心理学,認知神経科学,生理心理学,計算論的モデルなどの知見を参照しながら理解することを目的とする。具体的には,前頭前野の働きとその個体発生プロセスに焦点をあてる。
到達目標 ・認知発達とその生物学的基盤を理解する
・前頭前野の働きとその個体発生プロセスを理解する
授業計画と内容 1 イントロダクション
2 前頭前野の働き(1)
3 前頭前野の働き(2)
4 前頭前野の進化と発達(1)
5 前頭前野の進化と発達(2)
6 胎児期からの神経生物学モデル(1)
7 胎児期からの神経生物学モデル(2)
8 前頭前野発達の生態学的モデル(1)
9 前頭前野発達の生態学的モデル(2)
10 ダイナミックニューラルフィールドモデル(1)
11 ダイナミックニューラルフィールドモデル(2)
12 前頭前野発達と経済格差(1)
13 前頭前野発達と経済格差(2)
14 前頭前野の人類史学的モデル
15 まとめ
成績評価の方法・観点 【評価方法】発表を割り当てるので、その発表(80点)および平常点(20点)
【評価基準】到達目標について、文学部・文学研究科の成績評価基準に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 【予習】参考書程度の知識は授業前に身につけておく
【復習】授業の課題論文について、復習する
(わからない部分があれば、教員に積極的に質問に来てください)
参考書等
  • 自分をコントロールする力 非認知スキルの心理学, 森口佑介, (講談社現代新書),