コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 9642002ポーランド語(中級II)(語学)

9642002ポーランド語(中級II)(語学)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET49 89642 LJ48
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 語学
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木5
教員
  • Bogna Sasaki(非常勤講師)
授業の概要・目的 初級レベルよりやや高度な文法を学びつつ、語彙力を伸ばします。
到達目標 この授業を通して、より複雑な文章構造を理解する力、自分の意見などをある程度伝え表現する力を身につけていきます。
授業計画と内容 受講生の興味や要求を聞き、詳しい授業形態を決めます。特に希望がなければ受講生のレベルに応じたテキストを読み、翻訳や文章構造の説明、文法的な解説などを行いたいと思います。
テキストの詳細については出席者と相談のうえで決めます。ポーランドの文化に関連した、易しい文章を使う予定です。

授業計画:
1.ポーランド語の知識の確認、教材の相談、短い記事の解説【1週】
2.テキストIー翻訳と解説【3週間】
3.テキストII-翻訳と解説【3週間】
4.テキストIII-翻訳と解説【3週間】
5.テキストIV-翻訳と解説【3週間】
6.総復習とまとめ【1週】
7.定期試験【1週】
8.フィードバック【1週】
成績評価の方法・観点 基本的に定期試験(筆記)(90%)での評価となります。授業へのぞむ姿勢(10%)も考慮します。定期試験の具体的な内容は、教材を決めてから判断します。
履修要件 ポーランド語の文法の基礎知識、1年間以上の学習歴が要求されます。
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示します。
教科書
  • 授業中に資料を配付します。
参考書等
  • ポーランド語辞典, 木村彰一・工藤幸雄・吉上昭三・小原雅俊・塚本桂子・石井哲士朗・関口時正[編], (白水社), ISBN: ISBN:978-4-560-00095-3