コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 8448004現代史学(演習II)

8448004現代史学(演習II)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET35 78448 SJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 塩出 浩之(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 日本近現代史の一次史料を読む。史料の批判的読解という実践を通じて研究の基礎を身につけ、同時に日本近現代史への理解を深めるのが目的である。
到達目標 ・史料の批判的読解に基づいて過去を再構成するという最も基礎的なトレーニングを通じて、日本近現代史研究の手法を体得する。
・近現代の日本を世界史的視野から捉えられるようになる。
授業計画と内容 1905年に長野県下伊那郡河野村の地主の家に生まれ、戦時中には村長も務めた胡桃沢盛が残した日記(1923-46)の一部を精読する予定。
河野村は1944年に「満洲国」への分村移民が行われた農村として知られる。本演習ではその背景も含め、当時の日本の社会状況や人々の意識について、この希有な史料から考察する。
授業は参加者の報告と討論によって進行する(全15回)。
成績評価の方法・観点 報告と討論への参加状況によって評価する。正当な理由のない欠席は減点対象とする。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 テキスト(史料)を必ず読了しておくこと。報告者以外も、質問などを準備して討論に参加することが求められる。