コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7431016地理学(特殊講義)

7431016地理学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET31 67431 LJ39
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金5
教員
  • 大山 修一(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
授業の概要・目的 近年、アフリカで調査をしていると、さまざまな変化に目を奪われることが多くなりました。物流や外資系企業の活動などの経済の動き、自然資源の利用や生態系への影響、選挙や法律の改変など、その変化は多岐にわたります。この授業では、アフリカの現代的な諸相を深く理解し、フィールドワークの素養を習得することができることをめざし、講義や実習、文献講読を通じて、アフリカの自然、生態、文化、生業に関するフィールドワークの実際とそのフロンティアをみなさんと考えていきます。
到達目標 サハラ以南アフリカにおける自然や社会、文化に関する理解をふかめるとともに、基礎的なフィールドワークの技法を身につけることを目標とします。
授業計画と内容 講義は以下の通りです。
1.はじめに:授業の概要
2.アフリカの自然 その1
3.アフリカの自然 その2
4.アフリカの急速な人口増加
5.アフリカの土地制度
6.アフリカのチーフと慣習地
7.グローバリゼーションと貧困問題
8.自給農業は貧困なのか。
9.呪いはなぜ起きるのか。
10.気候変動と砂漠化
11.都市と農村の物質循環
12.農耕民と牧畜民の武力衝突
13.テロはなぜ起きるのか。
14.地域研究と社会貢献
15.まとめ

授業内容は、受講者の人数や興味によって変化することもあります。フィールドワークにおける基本的な技法(データの取得、まとめ方)について、実習を取り入れることも予定しています。
成績評価の方法・観点 評価は、授業への理解(30%)と実習に対する期末レポート(70%)で評価します。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 フィールドワークにおける基本技法(データの取得、および分析方法)を学ぶ実習も予定しています。この実習では、ノートパソコンを使い、マイクロソフトのエクセルとフリーのソフトウェアを使います。時間外に作業をしていただくこともあります。