コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7431004地理学(特殊講義)

7431004地理学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET31 67431 LJ39
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 米家 泰作(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 本講義では、近代の日本において地理的な表象や言説が果たしてきた政治的・経済的・社会的な役割を、批判的に検討する。近年の歴史・文化地理学では,地理的な表象や言説に関する議論が盛んに行われている。その動向を踏まえて、地図・土地調査・旅行記・地誌・学術調査・史蹟景観をめぐる地理的知の諸相と、その受容や理解の具体例を分析する。その際、本講義では特に朝鮮半島に着目するが、内地や他の植民地にも注意を払う。
到達目標 地理的な知の役割を歴史的に俯瞰し、その意義を批判的に捉える能力を養うとともに、様々な歴史地理的資料に関する基本的事項を理解する。
授業計画と内容 1.地理的知の近代
 第1回 歴史地理学と言語論的転回
 第2回 オリエンタリズムと心象地理
 第3回 歴史地理学と帝国主義
2.朝鮮像の系譜
 第4回 近世日本の朝鮮像
 第5回 明治日本の朝鮮像と地誌編纂
3.植民地のマッピングと空間把握
 第6回 朝鮮の測量と地図化
 第7回 森林資源の地図化
4.学知と植民地
 第8回 学知の動員と焼畑の行方
 第9回 「知的征服」とその諸相
5.史蹟とその経験
 第10回 史蹟とコロニアルツーリズム
 第11回 史蹟の保存と経験
 第12回 征服神話と植民地
 第13回 帝国縁辺部へのツーリズム
6.帝国日本の心象地理
 第14回 「近代」概念の空間的含意
※第15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 授業のテーマに関する小論文試験を行い、 到達目標の達成度に基づき評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に紹介する参考文献を含めて,関連する論文や文献に積極的に触れ,問題関心を深めてください。
参考書等
  • 近現代の空間を読み解く, J・モリッシーほか(上杉和央監訳), (古今書院), ISBN: ISBN:4772231848
  • モダニティの歴史地理, B・グレアム,C・ナッシュ, (古今書院), ISBN: ISBN:4772214704
  • 科学の地理学: 場所が問題になるとき, D・リヴィングストン, (法政大学出版局), ISBN: ISBN:4588371207
  • The SAGE Handbook of Geographical Knowledge, J. Agnew & D. N. Livingstone, (SAGE Publications), ISBN: ISBN:1412910811
  • 森と火の環境史, 米家泰作, (思文閣出版), ISBN: ISBN:9784784219735
関連URL
  • http://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/sD3iQ
  • https://researchmap.jp/tkomeie
  • https://orcid.org/0000-0002-3391-5069
  • https://www.facebook.com/komeie.taisaku