コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7431003地理学(特殊講義)

7431003地理学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET31 67431 LJ39
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 米家 泰作(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 本講義では,環境の利用・改変・管理・認識の視点から,日本の山村と森林の歴史地理を検討する。日本の山村は現在,過疎化や限界集落,廃村といった大きな問題に直面しているが,かつては多くの人々が山や森の動植物に依拠して暮らしていた。山村における人と環境との関係史を,歴史地理学あるいは環境歴史学的な観点から捉えるならば,森林を改変しながらも,それを巧みに利用・管理する暮らしのあり方が浮かび上がってくる。本講義では,地理学・歴史学・民俗学の議論を紹介しながら,山村と森林の歴史地理をたどることで,人と環境の関係について様々な視点に触れるとともに,現在の山村や森林のあり方について,理解を深める機会を提供したい。
到達目標 現在様々な問題を抱える山村地域に関して,その歴史地理的背景を理解するとともに,人間と環境の関係史を広い視野から動態的に捉える能力を養う。
授業計画と内容 1.山と森の歴史地理
 第1回 人と環境の関係史
 第2回 『秋山記行』の世界
2.森林に依拠した生業
 第3回 堅果食の系譜
 第4回 狩猟とその周縁化
 第5回 焼畑と森林管理
 第6回 木地師と木工の系譜
3.山をめぐる自然観
 第7回 山の神とは誰か
 第8回 修験道の自然観
4.森林植生の人為的改変
 第9回 禿げ山と人為的草原
 第10回 育成林業の登場
 第11回 科学的林業と植生管理
5.山と森の近代
 第12回 風景としての山岳
 第13回 登山とナショナリズム
 第14回 内なる異文化
※第15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 授業のテーマに関する小論文試験を行い,到達目標の達成度に基づき評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に紹介する参考文献を含めて,関連する論文や文献に積極的に触れ,問題関心を深めてください。
参考書等
  • 森と火の環境史, 米家泰作, (思文閣出版), ISBN: ISBN:9784784219735
  • 中・近世山村の景観と構造, 米家泰作, (校倉書房), ISBN: ISBN:9784751733508
  • 中近世山村の生業と社会, 白水智, (吉川弘文館), ISBN: ISBN:9784642029490
  • 山と森の環境史, 池谷和信・白水智, (文一総合出版), ISBN: ISBN:9784829911999
関連URL
  • http://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/sD3iQ
  • https://orcid.org/0000-0002-3391-5069
  • https://www.facebook.com/komeie.taisaku
  • https://researchmap.jp/tkomeie