コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7331033社会学(特殊講義)

7331033社会学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET30 67331 LJ45
開講年度・開講期 2020・後期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
配当学年 1回生以上
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 その他
教員
  • 竹沢 泰子 (人文科学研究所 教授)
授業の概要・目的 2020年5月に警察官による暴行死を遂げたジョージ・フロイドさんの事件をきっかけに、未曾有の規模のブラック・ライブズ・マター運動が世界中に広まった。本年度は、米国でのブラック・ライブズ・マター運動がなぜ起こったのか、なぜ今も警察による不必要と思われる暴行・殺人は終わらないのか、という問題意識から、アメリカ合衆国における人種カテゴリー・ステレオタイプの形成と人種主義の問題について考える。具体的には、19世紀から20世紀の科学的人種主義、20世紀の広告とステレオタイプ、20世紀から今日にいたる日系人やアジア系アメリカ人に対する差別を扱う。授業の最後には、日本における身の回りの差別・偏見についてもともに考えたい。動画やドキュメンタリーも一部使用する。
到達目標 日常生活における意識的・無意識的な差別・偏見の背景に、どのような歴史的な人種ヒエラルキー・人種主義が組み込まれた社会システムが存在するのかを理解する。また人間のカテゴリー化に伴う偏見や差別に対する意識を高める。
授業計画と内容 第1-2回  授業概要 コロナ禍と人種差別、人種・エスニシティ、「白人」「黒人」の定義
第3-4回   緊急リレートーク「ブラック・ライブズ・マター運動の背景と課題」
第5-6回  カテゴリー化とステレオタイプ 
第7-8回  科学的人種主義
第9-11回  日系アメリカ人・アジア系アメリカ人の人種化
第12-15回  人種差別をいかに克服するか
成績評価の方法・観点 出席、討論、課題論文のサマリー、レポート
履修要件 人文系英語論文の基本的読解力
授業外学習(予習・復習)等 予習:毎週の課題論文のサマリーを授業開始前に提出。
教科書
  • 指定論文(コピー・PDFなど)
参考書等
  • 事前に受講予定者に配布する詳細なシラバスに記載