コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7231009言語学(特殊講義)

7231009言語学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET29 67231 LJ37
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 山本 武史(非常勤講師)
授業の概要・目的  英語の音韻、特に音節構造、強勢付与、形態論との関わりについて概説し、まだ解決されていない問題や意見が分かれている問題について議論する。テキストを使用するが、授業内容はそれに縛られず、受講生が自身でデータを分析することに重きを置く。
到達目標  英語の音韻に関する基本的知識を習得し、音韻に関するさまざまな問題を定説にとらわれず自身で解決する力を養う。
授業計画と内容  以下に各回の内容を当初の予定として示すが、初回の授業で受講者の知識を確認して変更することがある。

1. 授業の概要の説明
2. Segments and allophony; Graphophonemics
3. Syllable structure (1): An overview
4. Syllable structure (2): Monosyllables
5. Syllable structure (3): Polysyllables and syllabification
6. Rhythm and word stress (1): An overview
7. Rhythm and word stress (2): The Latin stress rule
8. Rhythm and word stress (3): Remaining problems
9. Foot structure (1): An overview
10. Foot structure (2): Competing views
11. Foot structure (3): Remaining problems
12. Intonation
13. Variation in accents
14. First‐language (L1) acquisition
15. Second‐language (L2) acquisition
成績評価の方法・観点  平常点(30点)および期末レポート(70点)による。平常点は授業中の議論への活発な参加によるもの(15点)と各自の判断で随時提出する任意のレポート(15点)による。4回以上(4回を含む)欠席した者には単位を与えない。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等  毎回の予習、復習はもちろんであるが、調音音声学や音韻論に関する基礎的知識が不足している者は各自その補強に努めること。
教科書
  • English Phonetics and Phonology: An Introduction, 3rd edn., Carr, Philip, (Wiley-Blackwell), ISBN:9781119533740