コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6831011西南アジア史学(特殊講義)

6831011西南アジア史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET25 66831 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月5
教員
  • 磯貝 健一(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 19世紀から20世紀初頭の中央アジアで作成された法廷文書を史料とする、家族史研究の可能性について説明する。

This course aims to explain possibilities for conducting researches into Central Asian family history during the 19th and early 20th centuries by utilizing sharia court documents produced at that time.
到達目標 ・シャリーア(イスラーム法)法廷文書の史料としての特性を理解し、自身の研究に活かすことができる。
・史料から歴史的事実を引き出す技術を習得し、自身の研究に活かすことができる。

Upon the successful completion of this course, students will:
(1) have an adequate knowledge about specific characteristics inherent to Central Asian sharia court documents.
(2) gain skills to deduct reliable facts from historical sources.
授業計画と内容 第1回 授業ガイダンス、時代背景の説明
第2回 ロシア帝政期中央アジアの司法制度概説
第3回~第5回 中央アジアのシャリーア法廷文書の諸類型の説明
第6回~第7回 シャリーア法廷裁判の説明
第8回~第9回 証書を用いた家族史研究
第10回~第14回 裁判文書を用いた家族史研究
第15回 授業内容のまとめ、および、授業で扱ったトピックについての討議

Week 1: Giving a brief sketch of Central Asian history during the 19th and early 20th centuries
Week 2: Explaining legal systems of Central Asia under the domination of Russian Empire
Weeks 3-5: The typology of Central Asian sharia court documents
Weeks 6-7: The flow of sharia court trial
Weeks 8-9: The ways of researches into family history by using deeds of different contracts
Weeks 10-14: The ways of researches into family history by using judicial documents
Week 15: Feedback and Discussion
成績評価の方法・観点 授業への取組(50%)、期末レポート(50%)により評価する。

Participation in class (50%)
Final report (50%)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必ず前回の内容を復習したうえで授業に臨むこと。

Students will be required to review class notes before attending each lesson.
教科書
  • 必要な資料をPDF化し、Web上で共有する。 Handouts will be shared through Google Drive.