コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6731020東洋史学(特殊講義)

6731020東洋史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET24 66731 LJ38
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 村松 弘一(非常勤講師)
授業の概要・目的 本講義の目的は、人間と自然環境の関係史を扱う「環境史」の視点から中国古代史を読み解く方法を具体的な研究事例から提示することにある。「秦漢時代の環境史」を主題とするが、時代は春秋時代から魏晋南北朝時代まで、地域は中国内陸部から黄河下流域、朝鮮半島・日本列島に至るまで幅広い時間と空間を対象とする。テーマとしては、秦都の変遷と環境・開発、咸陽から長安への都市水利の変化、鄭国渠と白渠からみた灌漑水利と環境、秦の始皇帝陵の建設と環境、秦代の森林分布図、漢代の堤防建設、漢代の西方の民族と生業、陂(溜め池)の開発と災害、災害と救済などを取り上げる。
到達目標 ・古代中国における環境史に関する基礎的な知識を獲得し、説明できるようになる。
・環境と人間の歴史、気候変動と歴史変動、環境と民族といった環境史の視点をについて理解し、自身のテーマに沿った時代・地域の歴史研究に応用することができるようになる。
授業計画と内容 以下の予定で講義をおこなう。14・15回目ではそれまで理解した「環境史」の方法に基づき、履修者各自の研究課題を環境史的に見るというテーマで発表してもらう。
第1回 ガイダンス―秦漢帝国と環境の歴史
第2回 秦都の変遷と環境・開発①―西垂から周原へ―
第3回 秦都の変遷と環境・開発②―周原から櫟陽・咸陽へ―
第4回 秦漢帝国と都市水利-咸陽から長安へ
第5回 秦の始皇帝陵の建設と環境
第6回 秦漢帝国と灌漑水利―鄭国渠から白渠へ―
第7回 秦代の地図は何を示すか-天水放馬灘秦墓出土木地図の世界
第8回 漢代の堤防建設-香港中文大学蔵「河堤簡」から考える
第9回 漢代の羌胡内徙と生業転換―気候変動と帝国の拡縮―
第10回 魏晋期淮北平原の地域開発―咸寧四年杜預上疏の検討―
第11回 漢代淮北平原の地域開発―陂の建設と澤―
第12回 「塢」から見る朝鮮半島と中国大陸
第13回 漢帝国の災害と救済
第14回 環境史から見る中国史①(発表)
第15回 環境史から見る中国史②(発表)、振り返り
成績評価の方法・観点 ・平常点(参加状況、積極性など:30点)、授業内発表(20点)、レポート(50点)により評価する。
・レポートについては、各自の関心のあるテーマについて環境史から読み解く意欲的な取り組みができているか否かを評価の基準とする。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 (予習)概説書や研究入門などを読み、基礎的な歴史の流れや地理情報を整理しておくこと。
(復習)講義の中で利用する文献や史料を配布する場合があるので、各自の理解度に応じて読んでおくこと。
参考書等
  • 中国古代環境史の研究, 村松弘一, (汲古書院), ISBN: ISBN:9784762960314
  • 馬が語る古代東アジア世界史, 鶴間和幸・村松弘一, (汲古書院), ISBN: ISBN:9784762966071