コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6731012東洋史学(特殊講義)

6731012東洋史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET24 66731 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
配当学年 1回生以上
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 辻 正博(人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的 古代日本のいわゆる「律令制」成立に大きな影響を与えた隋唐王朝の国制は、中国史上どのように位置づけられるのか。本講義の目標は、それを明らかにすることである。この問題を解明することにより、秦漢帝国あるいは宋王朝との相違についても新たな理解が得られることと思う。
到達目標 隋唐王朝の国制(政治制度)の主要な部分について、その淵源と内容を中心に理解を深める。
授業計画と内容 以下のテーマについて、おおよそ2~3週を目処に講義を進める。
1.ガイダンス……学期の授業計画および講義で必要とされる諸事項について説明する
2.官制……秦漢~魏晋南北朝時代における官制の変遷。隋唐王朝の官制の特徴
3.法制……隋唐律令の淵源。唐律の特徴。唐令復原研究について
4.礼制・楽制……隋唐王朝の礼制・楽制の淵源
5.税制……隋唐王朝の税制とその淵源
6.兵制……隋唐王朝の兵制とその淵源
7.まとめとフィードバック
成績評価の方法・観点 平常点50%、期末レポートの成績50%
・平常点は、授業時に課す小レポートおよびクイズ(小テスト)の成績による。
・期末レポートは、到達目標の達成度に基づき評価する。よく工夫のなされているレポート・独自の観点を提示したレポートに対しては、高い評価を与える。「剽窃」については、「試験における不正行為」と見なし、厳正に対処する。
履修要件 中国史、特に秦漢~隋唐史に関する基本的な事項(概説レベル)を理解していること。
授業外学習(予習・復習)等 上記の参考書および講義中に紹介した参考文献を自主的に閲読し、講義内容に対する理解を各自深めること。
教科書
  • 使用しない
参考書等
  • 渡辺信一郎『中華の成立―唐代まで』(岩波新書、2019年) ISBN:4004318041
  • 丸橋充拓『江南の発展―南宋まで』(岩波新書、2020年) ISBN:400431805X
  • 岡本隆司編『中国経済史』(名古屋大学出版会、2013年) ISBN:4815807515
  • 必要に応じてプリントを配布する。