コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6631014日本史学(特殊講義)

6631014日本史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET23 66631 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月4
教員
  • 西山 伸(大学文書館 教授)
授業の概要・目的 1897年に創立された京都大学は、1947年までは帝国大学、2004年までは国立大学、2004年以後は国立大学法人として、研究教育活動を行ってきた。その軌跡を史料にもとづいて考察することによって、近現代日本における高等教育の歴史のなかで京都大学はどのように位置づけられるのか検証していくことを本講義の目的とする。後期は戦後高等教育改革から現在までを対象とする。
到達目標 ・史料にもとづいて京都大学の歴史と現在を理解する。
・近現代日本における高等教育史の概要を把握する。
・日本近現代史史料を読み込む能力を養う。
授業計画と内容 第1回  ガイダンス
第2回  占領期の高等教育改革
第3回  新制京都大学の発足
第4回  京都大学における一般教育
第5回  学生運動の展開
第6回  理工系の拡充
第7回  京大紛争前後(1)
第8回  京大紛争前後(2)
第9回  開かれた大学へ
第10回 入試制度の変遷と京都大学
第11回 教養部・大学院改革
第12回 諸制度の改革
第13回 国立大学法人京都大学
第14回 京都大学の現在
第15回 まとめ(フィードバック)
成績評価の方法・観点 毎回の授業時に提出するコメントとレポート試験により評価する。コメントおよびレポートについては、授業の内容を理解した上で、受講者独自の見解を示すこと。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義で提示する参考文献、史料の典拠などを各自調べること。