コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5731018美学美術史学(特殊講義)

5731018美学美術史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET09 65731 LJ34
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水5
教員
  • 筒井 忠仁(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 江戸時代の個性的な絵師たちを取り上げ、その実像について検討を加える。各作家の生い立ちと作品を検証し、これまでの研究動向と実態について理解を深め、画家像を再構築することを目指す。
到達目標 先行研究を確認することで江戸絵画史に対する理解を深め、今後の考察の足掛かりとする。
授業計画と内容 前期は、江戸後期の画家伊藤若冲と曽我蕭白の二人を取り上げ、その伝記及び作品について考察する。内容は下記のとおりである。なお、講義の順序や進捗は固定したものではなく、受講者の背景や理解の状況に応じ、講義担当者が定める。
1 序論
2 江戸後期の京都画壇
3 伊藤若冲の研究史
4 伊藤若冲の生涯
5 伊藤若冲と中国絵画
6 伊藤若冲の作品(1)
7 伊藤若冲の作品(2)
8 伊藤若冲の作品(3)
9 曽我蕭白の研究史
10 曽我蕭白の生涯
11 曽我蕭白と円山応挙
12 曽我蕭白の作品(1)
13 曽我蕭白の作品(2)
14 若冲と蕭白
15 まとめ
※フィードバック方法は授業中に説明します。
成績評価の方法・観点 期末のレポートにより評価する。レポートは、到達目標の達成度に基づき評価する。独自の工夫が見られるものについては、高い点を与える。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に紹介する展覧会等を各自観覧し、実作品に触れる機会を作ること。