コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5240002西洋哲学史(演習)

5240002西洋哲学史(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET02 75240 SJ34
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木4・5
教員
  • 中畑 正志(文学研究科 教授)
  • 早瀬 篤(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 西洋古代哲学にかかわる諸問題について、毎回一人あるいは二人がそれぞれの研究成果を発表し、参加者全員によって検討し、理解を深める。
到達目標 従来の解釈を踏まえた上で哲学的に重要な問題を明晰に考察する能力と、明晰に討論する力を養う。
授業計画と内容 第1回 イントロダクション 授業の進め方について説明をおこない、各回の発表者を決定する。
第2回~第29回 西洋古代哲学にかかわる諸問題について、毎回一人あるいは二人がそれぞれの研究成果を発表し、参加者全員によって検討する。話題の選択は自由であるが、発表者には授業参加者が共有できるような明晰な議論が求められる。なお修士論文提出予定者は、この授業で必ず論文の構想を発表すること。
第30回 まとめ
成績評価の方法・観点 平常点(発表と議論への積極的な貢献の両方にもとづいて評価する)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 発表者は、発表する週の月曜日までに参加者に発表要旨を配布すること。参加者はその発表要旨を事前に読んでおくこと。
参考書等
  • 特になし