コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3151002西洋古典学(講読)

3151002西洋古典学(講読)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET15 73151 LJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講読
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 高橋 宏幸(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 ラテン語初級文法を終えた人を対象に、カエサル『ガリア戦記』を教材として、ラテン語の基礎力を養う機会を提供する。
到達目標 ラテン語の基本的な感覚を身につける。
語彙力を高める。
複雑な構文にも対処しうる読解力を養う。
授業計画と内容 初級文法のおさらいを行なう一方、初級者が見落としやすい意味の区別、よく使われる言い回し、構文の特徴などに注意を喚起しながら、原文を読む。毎回、2~3章を読み進める。
第1回 オリエンテーション
第2回~第14回 第7巻、講読前期授業からの続き。 
第15回 全体のまとめ
成績評価の方法・観点 平常点。
履修要件 ラテン語初級文法を既習得であること。
授業外学習(予習・復習)等 注釈を熟読すること。
教科書
  • プリントを配布する。