コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 1653002インド古典学(講読)

1653002インド古典学(講読)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET13 71653 LJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講読
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月4
教員
  • 天野 恭子(白眉センター 特定准教授)
授業の概要・目的 サンスクリット基礎文法の既習者を対象とする初級演習。比較的簡単なヴェーダ散文を読みながら、初期サンスクリット(ヴェーダ語)の文法と構文の基礎を習得する。
到達目標 サンスクリットの文章を正確に分析する技法を学ぶことによって、どの時代の、どのジャンルのサンスクリットにも対応できる読解力の基礎を身につける。
授業計画と内容 サンスクリット基礎文法の知識である程度読むことのできる『シャタパタ・ブラーフマナ』を教材にして、ヴェーダ散文の手ほどきを行う。そのあと、代表的な初期ウパニシャッドである『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』の一節ないし数節を精読する。教科書とともに、アクセントを伴った校訂本のプリント(授業時に配布)を用いて、語句・構文・アクセントなど、テキストのすべての要素を分析して読解する方法を学ぶ。辞書については、初めのうちは教科書の語彙集を用いるが、徐々に本格的な辞書や語源辞典を使いこなすことを目指す。
第1回 テキスト読解に関する基本的な方法、アクセントの表記と機能について学ぶ。
第2回~第15回 テキストを精読する。
定期試験
成績評価の方法・観点 平常点(50%)と定期試験(50%)により評価する。
履修要件 サンスクリット文法既習者。
授業外学習(予習・復習)等 毎回の予習・復習が必須である。
教科書
  • Lanman, C.R.『A Sanskirt Reader』(Motilal Banarsidass) ISBN:978-81-208-1363-2 (インド学研究室にて購入できる。)