コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食品生物科学科 基礎生化学II

基礎生化学II

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR06 1F103 LJ79
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 井上 和生(農学研究科 教授)
  • 松村 成暢(農学研究科 助教)
授業の概要・目的 生命現象の理解に必須であり、生化学の基礎項目である「代謝」を習得する。
到達目標 動物や植物におけるエネルギー生産の基礎的な様式を理解し、種々の生命現象を論理的に説明できる。
授業計画と内容 以下の項目について授業をする予定である。
<前半担当:松村成暢>
第1回:解糖系
第2回:クエン酸回路
第3回:糖新生,グリコーゲン代謝,ペントースリン酸経路
第4回:小テスト、電子伝達系
第5回:光合成
第6回:脂質代謝
第7回:小テスト、前半まとめ
<後半担当:井上和生>
第8回:食物の消化・吸収と食物摂取の調節
第9回:栄養素の輸送,貯蔵,動員
第10回:代謝酵素の特性とその調節
第11回:小テスト、生体エネルギー論
第12回:アミノ酸代謝
第13回:ヌクレオチド代謝
第14回:小テスト、後半まとめ
<フィードバック担当:井上和生、松村成暢>
試験を返却し解説する。 
成績評価の方法・観点 期末試験の結果(70%)と小テストの結果(30%)を合わせて評価する。
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 基礎生化学Ⅰを習得していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 授業中に講義した内容や次回の講義内容に関する項目を教科書にて復習・予習すること。
教科書
  • エリオット生化学・分子生物学 第5版, William H. Elliott (著), Daphne C. Elliott (著), 清水 孝雄 (翻訳), 工藤 一郎 (翻訳) , (東京化学同人), ISBN:978-4-8079-0860-8
  • ホートン生化学 第5版, L. A. Moran, H. R. Horton, K. G. Scrimgeour, M. D. Perry, (東京化学同人), ISBN:978-4-8079-0672-7