コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食品生物科学科 食品分析化学

食品分析化学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR06 2F129 LJ79
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木1
教員
  • 村上 一馬(農学研究科 准教授)
  • 都築 巧(農学研究科 助教)
  • 高橋 春弥(農学研究科 助教)
授業の概要・目的 食品及び生命現象を定性的かつ定量的に理解することを目的として、食品分析化学の基礎について、分光分析、分離分析、食品分析の3つの観点から講義する。
到達目標 食品や生体の構成成分に関する主要な分析法の原理を理解し、有機化学、食品科学、生命科学における多様な生命現象を論理的に解析できる手法を説明できる。
授業計画と内容 分光分析法、分離分析法、食品分析法に関連する以下の各項目について、1項目あたり1-2回講述する。

【分光分析法】
1.スペクトル(総論)、赤外線吸収スペクトル(IR)
2.核磁気共鳴吸収スペクトル(1H-NMR)
3.核磁気共鳴吸収スペクトル(13C-NMR)
4.核磁気共鳴吸収スペクトル(各種2次元測定)
5.質量スペクトル(EI、FAB、ESI、MALDI)
6.生体試料分析への応用(メタボロームとプロテオミクス)
7.蛍光スペクトル
8.円偏光二色性スペクトル(CD)

【分離分析法】
9.クロマトグラフィー(順相、逆相、ゲル濾過、等電点)
10.電気泳動(サザン、ノザン、ウェスタン)

【食品分析法】(担当:都築)
11.食品の一般成分分析(水分、たんぱく質、脂質、炭水化物、灰分)
12.アミノ酸、脂肪酸、利用可能炭水化物、食物繊維
13.コレステロール、ミネラル、ビタミン
成績評価の方法・観点 【評価方法】期末試験ならびに平常点(出席と参加の状況、各教員が行う小テスト)によって評価する。
【評価基準】評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準
及び方針]による。
履修要件 基礎生化学Ⅰ及びⅡ、食品有機化学Ⅰ及びⅡ、食品物理化学Ⅰ及びⅡを履修していることが強く望まれる。
授業外学習(予習・復習)等 予習:教科書及び配布プリントをあらかじめ精読すること。
復習:講義ノート、課題レポート、小テストなどを通して理解を再確認すること。
教科書
  • マクマリー有機化学(上)第9版, JOHN McMURRY, (東京化学同人), ISBN:978-4-8079-0912-4
参考書等
  • 有機化合物のスペクトルによる同定法 第8版, Silverstein, Webster, Kiemle, Bryce, (東京化学同人), ISBN: ISBN:978-4-8079-0916-2
  • 有機化学のためのスペクトル解析法-UV、IR、NMR、MSの解説と演習, Manfred Hesse, Bernd Zeeh, Herbert Meier, 野村 正勝(訳), 馬場 章夫(訳), 三浦 雅博(訳), (化学同人), ISBN: ISBN:9784759811933
  • バイオ機器分析入門, 相澤益男・山田秀徳 編, (講談社サイエンティフィク), ISBN: ISBN:4-06-139796-6
  • 食品分析学 機器分析から応用まで, 松井 利郎, 松本 清 編, (培風館), ISBN: ISBN:978-4-563-07362-6
  • 新スタンダード栄養・食物シリーズ18「食品分析化学」, 新藤一敏・森光康次郎, (東京化学同人), ISBN: ISBN:4807916785