コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 学部共通 農学概論I

農学概論I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR00 10001 LJ34
  • U-AGR00 10001 LJ82
  • U-AGR00 10001 LJ85
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 秋津 元輝(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 この講義は、新入学部生に向けて、これから農学を学ぶ際に必要とされる基本的かつクリティカル(批判的)な視点を提供することを目的とする。農学の特質や、農林水産業の歴史と現代的課題、農村や農業者が抱える問題、食と農林水産業との結びつき、農学における新技術の導入と論点、考慮すべき倫理問題などについて解説をおこなうなかで、農学に対する反省的考察(つねに自らを省察しつつ研究を進めること)を受講生が身につけることをめざす。
到達目標 農学部において今後研究・開発をおこなう学生として、農学・農林水産業の歴史と現状や農学分野の広がり、考えるべき倫理問題について、基本的な事項を理解する。
授業計画と内容 1.大学で、農学を学ぶとは?
2.農林水産業と農学の使命
3.集約化をめぐる倫理
4.食と農と安全
5.農業と環境
6.農林水産業の特質
7.戦後日本の農政と農業
8.食料安全保障
9.生態循環と資源の持続性
10.科学技術の進展と倫理問題
11.家畜と動物をめぐる倫理問題
12.農業と開発援助
13.食べ物消費をめぐる倫理
14.まとめと討論
〈期末試験〉
15.フィードバック:試験後の1週間に講義内容および試験に関する質問を受け付け、メール等で回答する。
成績評価の方法・観点 評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。評価方法は、授業への参加態度(20%)、期末試験(80%)。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に紹介する文献について復習しておくこと。
教科書
  • 毎回、資料を配付する。